看護師のスキルアップを支援する方法

看護師が働く意味

看護師が働く意味

何のために働いていますか?

 

多くの人は「生きるため」とか、「お金を得るため」
と答えるのではないでしょうか。

 

若い看護師に同じ質問をしても、
同じような答えをする看護師が多いです。

 

ですが、その中に、「自分の存在を実感するため」、
「看護でやりがいを得るため」と回答する人もいます。

 

すると、そのような回答に刺激され、
「人間的に成長するため」と答える人が出てきたり、
「自分が人の役に立つうれしいから」と答える人が出てきます。

 

そして、最初は「お金を得るため」と答えていた人も、
「看護を通して自分が成長できる」とか、
「感謝されると、自分の生きがいにつながる」
というような答えるようになってきます。

 

何が言いたいのかというと、
看護師は、本来、自分が働く意味を持っているということです。

 

ですが、毎日があまりにも忙しく、
いっぱいいっぱいで、なんとなく与えられた仕事をこなしていけばいい・・・
という感覚に陥ってしまっているため、
「お金のため」とか「生きるため」という答えになってしまうのです。

 

しかし、看護師という職業は、
肉体的だけでなく、精神的にもとても大変な仕事です。

 

自分がなぜ看護師をしているのか?
ということを意識しないままに仕事をしていたのでは、
ストレスにつぶされてしまう可能性が出てきます。

 

逆に、看護師として働く意味や、
自分が働く価値を実感していれば、
少しくらいのストレスは、その都度吹き飛ばしていくことができるのではないでしょうか。

 

小さなストレスが積もり積もって、
そのストレスにつぶされてしまうというようなことは無くなるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ