看護師のスキルアップを支援する方法

看護もビジネス

看護もビジネス

看護の仕事もビジネスです。

 

看護師という仕事を通じ、人として「成長できる」と感謝しながら、
給料を手にしています。

 

そして、その給料は、患者さんからの報酬です。

 

「ありがとう」といわれることがうれしいから看護を提供するわけではなく、
給料をもらうために、看護を提供しているという意識も
やはり持っていなければなりません。

 

このようなビジネスの話をすると、
なんだか汚いと感じたり、醜いと感じたりしますが、
ビジネスとは、決してお金を追うだけの汚い行為ではないはずですし、
醜い行為ではないはずです。

 

それは看護師という職業だけでなく、
どの職業でも同じです。

 

看護の現場では、奉仕の精神がとても重要です。

 

そして、「患者さんに感謝されるために看護をしている。」現場です。

 

しかし、奉仕の精神の根底にあるものは「ビジネス」です。

 

ビジネスをするためには、
つまりお金を儲けるためには、
信用される仕事をすることが必要です。

 

信用されなければビジネスは成功しません。

 

では、どのようにしたら信用されるか?です。

 

信用されるためには、見返りを意識せず、
目の前の相手が感謝してくれるような高い価値を提供することが重要です。

 

そして、高い価値を提供することによって、
その価値に応じた報酬をもらうことができます。

 

そして、得た報酬を利益とし、
その利益をもとに、もっと多くの人に、さらに質の良い価値を
提供しようというのがビジネスです。

 

看護師という仕事も、価値の高いサービスを提供することが必要であり、
患者さんから信用されなければ、
どれだけ看護師がサービスを提供してあげたいと思っても、
それを受け取ってもらうことができません。

 

近年は、病院も患者さんに選ばれる時代です。

 

選ばれる看護師を育て、選ばれた看護師が多くいる
組織を作っていくことが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ